ウッドベース初心者日記

ウッドベース初心者の練習日記。ウッドベースの関連書籍やCDの紹介など。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小島麻由美さんのハードバップという曲です。

ウッドベースと小島サンの歌の絡み具合がなんともいえません。
アルバム自体、内容盛り沢山なのでなかなか飽きないですねー。



スポンサーサイト
ウッドベースの音程のズレと左手のフォームを直す練習を
【家で独りで】するためにいろいろ考えています。

左手のフォームを直すには、教室の先生のように正しい音程の位置を理解している人に
指導してもらうことが必要なのですが、それはどうしても独りではできません。

独りでできる練習方法をいろいろ考えた結果フレットの位置を楽器に書き込むことにしました。

最初はチューナーを使ってみたのですが、左手の指が同じ位置でも、
押さえる強さで音程が変わるので計算してわり出してみました。

計算方法はこうです  

スケール(弦長): S
半音程の距離: L
定数: k=17.817153745105768

とした場合  L=S÷k  になるというものです。 (ただし12平均律)


たとえば私のベースの弦長は1035mmなので、この場合は

1フレット
L=1035÷17.817153745105768
 =58.0900[mm]

2フレット
L=(1035-58.09008)÷17.817153745105768
=54.8297[mm]

3フレット
L=(1035-58.09008-54.82974)÷17.817153745105768
=51.7523[mm]

・ (同様に繰り返して)

30フレット
L=10.8795[mm]

となります。ネックの横に印を付けようと思いましたが、G線上の音程がが判りづらいので
弦にマジックで印を付けてみました。 これがなかなかいい感じです。

なんとか練習のめどがたったのでほっとしています。
ウッドベースの音程のズレと左手のフォームを直す練習を【家で独りで】するためにいろいろ考えてみました。

音程のズレを直すには音程のしっかりした楽器と一緒に弾くのが一番らしいのですが
私はピアノは弾けません。なので代わりにパソコンで鳴らすことにしました。

教本の内容をMIDIで打ち込み、それをMDに録音してウォークマンで再生しながら練習するとなかなかいい感じです。

(私は使い慣れているのでINTERNET社の Singer Song Writerを使いましたが、打ち込んでMIDIを鳴らせるソフトならなんでもいいと思います。)

あとは左手のフォームを直す方法だけです。
さっそくウッドベース教室の先生に左手の問題を相談してみました。
すると、ピアノのように音程がしっかりした楽器と一緒に弾いて練習して、
さらに、その人に左手の位置をチェックしてもらうといいそうです。
てか、楽器を弾ける人が身近に居ない人はどうすれば。。。

ピアノで演奏したフレーズを録音して
鏡を見ながら手の位置をチェックすればなんとかなりそうですが
それでも私のような初心者には正しい左手の位置なんてわかりません。

これはなんとかしなければなりません。
一人でウッドベースを練習できるようにするためにも。
ウッドベースはギターやウクレレのようにフレットが無いので
音程を取るのがとても難しい楽器です。

ウッドベース教室で教わったことを自宅でおさらいしてみたのですが
思ったより弾けていると思われます。

が、しかしそれは気のせいでした。
左手の指を押さえる位置が何か違うのです。
それに加えて左手のフォームも崩れまくりです。

音程がずれていることにも気がつきませんでした。
教室の先生がそばに居ないと練習にもならないことが判明して、
がっくりきています。

なにかいい方法がないか教室の先生に聞いてみようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。